京都市伏見区アイフォン修理店「即日修理」「液晶不良」「タッチ不良」「画面割れ」「充電の不具合」「水没」などアイフォンの修理ならお任せください。「データはそのまま、即日修理致します」丹波橋駅より徒歩3分、国道24線沿いの1階店舗です。お問い合わせください。

iphone今更聞けない!機種の見分け方

アイフォンの機種が分からない!そんな事がありますよね!
アップルの公式サイトに探しに行っても何処に載っているのか分かつ辛いしサイズの単位がインチ表示になっているのでイマイチ!ピンっとこないですよね!今更ですが、一応簡単な見分け方を説明いたします

i6,i5s

画像は、iphone6と5Sです。
側面が平らでフレームのようになっているのが5シリーズです。SEもこのタイプです。
5シリーズには、iphone5、5S、5Cの3種類とSEがあります。
5(約123×58mm)=丸いホームボタンの中に「□」の印刷がしてあります。
5S(約H123×58mm)=ホームボタンに印刷はありません。
5C(約124×60mm)=裏面から側面を包むカラフルな色のプラスチック系のボディーカバーが特徴です。
SE(約H123×58mm)=裏面に「SE」と表示されています。

6シリーズ以降から側面が丸みを帯びている形状になります。ホームボタンは押し込み式です。
6と6Sの見分け方は、裏面に「S」の文字があれば、「6S」です。なければ「6」になります。6PULSや6SPULSは、大きいサイズです。
6(約H138×67mm)、6PLUS(約H158×78mm)
6S(約H138×67mm)、6SPLUS(約H158×78mm)

7シリーズからホームボタンがタッチ式で押し込みができません。裏面がアルミであれば7シリーズになります。大きいサイズは7PLUSで、背面カメラが広角・望遠レンズ2つ横に並んでいます。
7(約H138×67 mm)、7PLUS(約H158×78 mm)

8シリーズから裏面がガラス仕様になりました。ホームボタンはタッチ式です。大きいサイズは8PLUSで、背面カメラが広角・望遠レンズ2つ横に並んでいます。
8(約H138×67 mm)、8PLUS(約H158×78 mm)

Xシリーズ(X、XS、XSmax、XR)も裏面がガラス仕様ですが、背面カメラが広角・望遠レンズ2つタテに並ぶ縦枠になっています。
XRのみ裏面がカラフルなアルミボディーになっていてサイズは大きめ、背面カメラは1つなのが特徴です。
X(約H143×70 mm)、XS(約H143×70 mm)、XSmax(約H158×77 mm)、XR(約H150×75 mm)

11シリーズ(11、11ProMax、11Pro)11シリーズは背面カメラが充実していますので背面カメラ枠がやや正方形になっています
11=背面カメラレンズ2つ、枠は正方形です。背面ボディーもカラフルでガラス素材です。、
11Pro、11ProMax=背面カメラレンズ3つ、広角・超広角・望遠レンズ、枠も正方形と見た特徴は同じですが、Maxが大きいサイズになります。

11(約H150×75 mm)、11ProMax(約H158×78 mm)、11Pro(約H144×71 mm)

以上がiphoneの簡単見分け方です。参考にしてください。

iphoneの修理なんでもご相談くださいませ TEL 075-604-3120 am10:00~pm20:00(最終受付19:30)*年内無休(元旦のみお休み)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

MAP

マップ


近鉄・京阪丹波橋駅より徒歩2~3分。

*駐車場は近隣の有料駐車場をご利用ください。




キャシュレス5%還元

カレンダー

2020年4月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

3つのお約束!「品質」「保障」「価格」

「品質」
当店の部品は純正品に準ずる部品を使用しています。
「保障」
交換パネルは、1年の保障を付けています。
「価格」
年に3回以上の価格見直しをしています。

*詳しくはこちらから。

PAGETOP
Copyright © アイフォン修理京都.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.